総量規制で借金はチェックされる?

現在では、消費者金融の利用が気軽にできるようになっていますが、その弊害として、多重債務者問題が生じています。つまり、複数の消費者金融から多額のお金を借りた結果、返済が不能になってしまう人が増加しています。なぜこのような問題が生じたかと言えば、かつては、その人の返済能力以上に融資を行っていたからです。そこで、現在では総量規制が導入されて、消費者金融が融資を行うことができる限度額は、債務者の年収の三分の一までとされています。ちなみに、この三分の一という数字の中には、他社の利用分も含まれています。したがって、すでにそれ以上の借り入れをしている人は、追加で借金をすることはできなくなります。すでに枠を持っていた場合でも同様に、枠を減らされてしまうことがあります。
ただし例外はあります。銀行からの借金や住宅ローンの債務などは、その額には含まれません。つまり、すでに年収の三分の一以上、それらの方法により借りている場合であっても、それは総量規制の対象外なので、融資を受けることができる可能性はあります。もちろん、たとえ総量規制の対象外だからといって、その人に返済能力がないと判断されてしまえば融資を受けることはできません。そのような人に貸したところで、貸し倒れてしまう可能性が高いからです。実際にどのように審査されるかは、申し込んでみなければわかりません。落とされた場合は、その他社の借り入れが足を引っ張っていたという可能性が高まります。